海外生活

海外在住の私が日本のクレジットカードを作った方法 (2)楽天カードとエポスカード

楽天カード

海外在住が長く、学生時代に開設した銀行口座もほとんど手を付けていなかった私。

アフィリエイトを始めるにあたっては、報酬を受け取る受け皿(日本の銀行口座)がないといけません。

ということで、海外在住でも使いやすく利便性が高いネット銀行の「ソニー銀行」と「楽天銀行」で銀行口座を開設しました。

海外リーマン
海外リーマン
現在は、ほぼ「ソニー銀行」しか使っていませんが。

そしていよいよ、クレジットカードの発行となりました。

私が日本のクレジットカードを発行しようとしたきっかけ

クレジットカード発行のきっかけは、日本への一時帰国や旅行で飛行機を乗る機会があるため、「陸マイラー」になろうとしたこと。

「陸マイラー」としてマイルをゲットするために、マイルにも交換できるポイントサイト「ハピタス」に口座を開設したのです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

で、ハピタスで高単価案件の一つに「クレジットカード発行」があるので、「カードを申し込んでたくさんポイントをゲットしたかった」というのがクレジットカードを申し込んだ正直ないきさつでした。

海外リーマン
海外リーマン
正直、海外で発行されたクレジットカードを何枚も持っているので必ずしも発行の必要はなかったんですよね。。。

後、ポイントゲットを目的にカードをたくさん申請するのは控えたほうがいいです。審査に通りにくくなる可能性があります

でも、海外から日本のサイトでクレジットカード決済をするときに、ときどき

「海外で発行されたクレジットカードはご利用いただけません」

っていうときがあったので、日本で発行されたクレジットカードの必要性も感じてはいました。

海外リーマン
海外リーマン
ただ、日本で会社勤めではない私。

簡単にはクレジットカードの申請はできませんでした。泣

海外在住者が日本のクレジットカードを申請する際に満たさなければいけない条件

まず、海外在住者が日本のクレジットカードを申請するにあたり、以下の条件を満たさなければいけません。

  1. 日本で発行された本人確認書類がある。
  2. 日本でクレジットカードを受け取れる住所がある。
  3. 日本の電話番号を持っている。
  4. 日本の銀行口座を持っている(引き落とし用の口座)。

①本人確認書類

本人確認書類は、発行されたクレジットカードが本人限定郵便で発送された場合に、一時帰国して受け取る際に必要になるものとなります。

海外リーマン
海外リーマン
私の場合は、日本の運転免許証を持っていたので、免許証を使いました

②日本の住所

クレジットカードが発行されたら、カードが郵送で送られますが、送付先となる住所必要となります。

私の場合は、実家の住所を送付先として指定しました。

エポスカードなら、マルイ店舗で受け取りっていうこともできますが、いずれにしても申請時に登録する日本の住所は必要です。

③電話番号

これがちょっと難関かもしれません。

クレジットカード会社によっては、本人確認のために担当者が電話をしてくる必要があります。

実家の電話番号を登録しても、海外にいる私が電話を取ることはできませんから、どうしようかとなりますよね。

そういう時は、IP電話の申請をおススメします。

海外リーマン
海外リーマン
私は楽天コミュニケーションズの「SMARTalk」でIP電話の番号を取得していますが、「SMARTalk」であれば、初期費用、月額料金もなく、8円/30秒で使った分だけ支払えばいいようになっていて非常にお得です。

ネット回線さえあれば発信・受信できますし、音声なども明瞭で特に不便は感じていません。

④銀行口座

これは、前の記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

いざ、ネットでクレジットカード申請

条件を満たしたところでいざ申請ですが、海外在住者でも比較的申請が通りやすいクレジットカードは以下の2つ。

  1. 楽天カード
  2. エポスカード

両方とも、「ハピタス」でポイントゲットすることができます。

しかも、ポイントキャンペーンで、獲得できるポイントがアップするときがあるので、焦らず、キャンペーンのタイミングを狙いましょう。

楽天カードは、今もUP中で7500ポイントですが、私の時は10,000ポイントでした。(2019年1月記事執筆現在)

(1)楽天カード

楽天カードは、年会費永年無料で、ポイントも倍増してたまりやすくなる非常にお得なカードです。

海外在住の方でも、一時帰国に合わせてごっそり楽天市場で買い物をしている方は多いでしょうから、必ず持っておきたい1枚です。

海外リーマン
海外リーマン
私は楽天カードをゲットして使ってから、楽天カード所有者に送付された楽天プレミアムカードのキャンペーンがあったので、即座に切り替えを申し込みました。

海外在住だと飛行機に乗る機会も多いですから、空港ラウンジがタダで使えるプライオリティ―・パスがついてくるのはうれしい!(帯同者がいる場合は、帯同者分は有料)

楽天カードはこういうキャンペーンを時々やっているので本当にお得なんですね。

また、楽天カードは、申請時に引き落としの銀行口座を指定しておくと、カードの郵送が「本人限定郵便」ではなく、「簡易書留」できますから、一時帰国と合わせて受け取る必要もありません。

海外在住者が楽天カードを申請するときの注意

  • カードのキャッシング枠は必要がなければ、小さい額にしておきましょう。
  • 勤務先の情報は日本に本社や関係法人があればそこの情報を記載しておきましょう。
海外リーマン
海外リーマン
私は、日本法人の情報を記載しておきましたが、申請後楽天から電話がかかってきて、説明に戸惑いました。。。苦笑

そして、申請完了。

審査が無事に通ればカードが発行され郵送されてきます。

海外リーマン
海外リーマン
私の場合も、銀行口座を設定しておいたので簡易書留で送付されてきました。

(2)エポスカード

エポスカードも入会費・年会費永年無料で利用できる非常にお得なカードとなっています。

私は今は楽天カード一本となっていますが、エポスカードも「ハピタス」でポイントがたまりますから、申請しておいてもよいと思います。

海外リーマン
海外リーマン
エポスカードでゲットできるポイントも、「マイル」に交換できるので、陸マイラーにとってはお得なカードとなっています。

また、10,000店舗で、獲得ポイントアップなどの優待があるので、ネットショッピングは楽天カードで、一時帰国の際にはエポスカードで、と利用するということもできますね。

また、カード受け取りは、ネット申し込み後、最短当日にマルイの店舗で受け取りができるので、これは便利です。

海外リーマン
海外リーマン
私の場合は、一時帰国に合わせてエポスカードを受け取りました。
ハピタス経由で申し込む場合は必ず、「ポイント対象条件」を確認し、「ポイントを貯める」ボタンから申請をしてください。
海外リーマン
海外リーマン
ハピタス」をうまく使ってたくさんポイントをためて、マイルやお小遣いをたくさんゲットしちゃいましょう。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス