海外生活

海外在住の私が日本のクレジットカードを作った方法(2)楽天カードとエポスカード

楽天カード

海外在住が長く、学生時代に開設した日本の銀行口座もほとんど手を付けていなかった私。

海外でもできる副業であるアフィリエイトを始めるにあたって、報酬を受け取る受け皿となる銀行口座が日本にないといけませんでした。

それで私が開設したのは、海外在住でも使いやすく利便性が高いネット銀行の「ソニー銀行」と「楽天銀行」です。

海外在住の私が日本のクレジットカードを申し込んだ方法 (1)まずは銀行口座開設(ネット銀行がおすすめ)海外居住歴の長い私ですが、日本のインターネットで買い物などをするときに、ときどき「海外発行のクレジットカードで決済ができない」(日本で発...
トニー
トニー
現在は、海外でも引き落としができて多通貨管理ができる「ソニー銀行」しか使っていません。

さぁ、銀行口座が開設されたとことで、次はいよいよクレジットカードの発行です。

日本の決済では海外のクレジットカードが使えないことがある

海外に住んでいる場合、海外で発行されたクレジットカードを持っている方は少なくないと思います。

かくいう私も、香港で発行されたクレジットカードを数枚持っています。

海外で生活するときや時々日本にい時期帰国するときに利用するだけだったら、海外で発行されたカードを使えばそれで十分です。

でも、日本のサイトでクレジットカード決済をするとき、ときどきこういう表示が出て決済できないことがあるんですよね。

「海外で発行されたクレジットカードはご利用いただけません」

せっかく決済情報をすべて入力して、最後の画面でこのメッセージが出ると本当にガクッときます。

また、仕事や休暇で日本に行くことももちろんあるので、ポイントが溜まったり、空港のラウンジ利用などで、日本のクレジットカードの方が良い場合もあります。

せっかく日本のクレジットカードを申請するんだったら、自分にもメリットがあるものを選びたいと色々調べて、実態に日本のクレジットカードが発行できた体験をお話しいたします。

海外在住者が日本のクレジットカードを申請する際に満たさなければいけない条件

まず、海外在住者が日本のクレジットカードを申請するにあたり、まずは以下の条件を満たさなければいけません。

  1. 日本で発行された本人確認書類がある。
  2. 日本でクレジットカードを受け取れる住所がある。
  3. 日本の電話番号を持っている。
  4. 日本の銀行口座を持っている(引き落とし用の口座)。

①本人確認書類

本人確認書類は、発行されたクレジットカードが本人限定郵便で発送された場合に、一時帰国して受け取る際に必要になるものです。

トニー
トニー
私の場合は、日本の運転免許証を持っていたので、免許証を使いました

海外に住んでいても日本の免許証を持っている方は多いでしょうから、一番手っ取り早いのは運転免許証ですね。

②日本の住所

クレジットカードが発行されたら、カードが郵送で送られますが、送付先となる住所が必要となります。

私の場合は、実家の住所を送付先として指定しました。

エポスカードなら、マルイ店舗で受け取りっていうこともできますが、いずれにしても申請時に登録する日本の住所は必要です。

日本に住居を持っていない場合は、実家の住所というのが一番無難でしょう。

③日本の電話番号

これがちょっと難関かもしれません。

クレジットカード会社によっては、本人確認のために担当者が電話をしてくる必要があります。

実家の電話番号を登録しても、海外にいる私が電話を取ることはできませんから、どうしようかとなりますよね。

そういう時は、IP電話の申請をおススメします。

トニー
トニー
私は楽天コミュニケーションズの「SMARTalk」でIP電話の番号を取得していますが、「SMARTalk」であれば、初期費用、月額料金もなく、8円/30秒で使った分だけ支払えばいいようになっていて非常にお得です。

今でもよく使っていますが、ネット回線さえあれば発信・受信できますし、音声なども明瞭で特に不便は感じていません。

④日本の銀行口座

そして、クレジットカードの支払いを行う銀行口座も必要となります。

こればっかりは海外の銀行口座では行うことはできません。

海外在住者が日本の銀行口座を作る方法は以下で解説していますのでぜひご覧ください。

海外在住の私が日本のクレジットカードを申し込んだ方法 (1)まずは銀行口座開設(ネット銀行がおすすめ)海外居住歴の長い私ですが、日本のインターネットで買い物などをするときに、ときどき「海外発行のクレジットカードで決済ができない」(日本で発...

海外在住者におススメの日本のクレジットカード2つ

条件を満たしたところでいざ申請ですが、海外在住者でもおすすめなクレジットカードは以下の2つ。

  1. 楽天カード
  2. エポスカード

それでは、2つのクレジットカードの取得方法について解説していきます。

海外在住者におススメのクレジットカード①:楽天カード

楽天ポイントを集めていない人はいませんよね。

楽天カードは、年会費永年無料で、ポイントも倍増してたまりやすくなる、海外在住者におススメのお得なクレジットカードです。

海外在住の方でも、一時帰国に合わせてごっそり楽天市場で買い物をしている方は多いでしょうから、必ず持っておきたい1枚です。

トニー
トニー
私は楽天カードをゲットして使ってから、楽天カード所有者に送付された楽天プレミアムカードのキャンペーンがあったので、即座に切り替えを申し込みました

楽天プレミアムカードにはプライオリティ・バスが付帯されてきます。

海外在住だと飛行機に乗る機会も多いですから、空港ラウンジがタダで使えるプライオリティ―・パスがついてくるのはうれしいですよね!(帯同者がいる場合は、帯同者分は有料)

楽天カードはこういうキャンペーンを時々やっているので本当にお得なんですね。

海外在住の私がプライオリティ・パスが無料でついてくる楽天プレミアムカードをゲットした方法海外に住んでいると飛行機に乗る機会が増えるのでプライオリティパスがあると快適♪ 海外に住んでいると、日本にいたときよりも飛行機に乗る機...

また、楽天カードは、申請時に引き落としの銀行口座を指定しておくと、カードの郵送が「本人限定郵便」ではなく、「簡易書留」できますから、一時帰国と合わせて受け取る必要もありません。

海外在住者が楽天カードを申請するときの注意

  • カードのキャッシング枠は必要がなければ、小さい額にしておきましょう。
  • 勤務先の情報は日本に本社や関係法人があればそこの情報を記載しておきましょう。
トニー
トニー
私は、日本法人の情報を記載しておきましたが、申請後楽天から電話がかかってきて、説明に戸惑いました。。。苦笑

ネットで申請をして、審査が無事に通ればカードが発行され郵送されてきます。

トニー
トニー
私の場合も、銀行口座を設定しておいたので簡易書留で送付されてきました。

\年会費永年無料!ポイント還元No.1!/
年会費永年無料の楽天カード

海外在住者におススメのクレジットカード②:エポスカード

エポスカードも入会費・年会費永年無料で利用できる非常にお得なクレジットカードとなっています。

トニー
トニー
エポスカードでゲットできるポイントも、「マイル」に交換できるので、陸マイラーにとってはお得なカードとなっています。 

また、10,000店舗で、獲得ポイントアップなどの優待があるので、ネットショッピングは楽天カードで、一時帰国の際にはエポスカードで、と利用するということもできますね。

また、カード受け取りは、ネット申し込み後、最短当日にマルイの店舗で受け取りができるので、これは便利です。

トニー
トニー
私の場合は、一時帰国に合わせてエポスカードを受け取りました

海外在住者でも日本のクレジットカードが取得できます♪

このように、海外在住者でも日本のクレジットカードを取得することができることがお分かりいただけれたと思います。

カードを受け取るときどうするかはあらかじめ考えておかなければいけませんね。

海外で発行するクレジットカードにも、マイル変換や空港のラウンジ利用などさまざまな特典がある場合もあります。

でも、空港ラウンジがタダで使い放題になるプライオリティ・パスがついてくる楽天プレミアムカードは本当にお得です。

海外在住でも申請できて、楽天ポイントが倍増で貯まりやすくなる、そしてプライオリティ・パスがついてくる楽天プレミアムカードは絶対に持っていて損はないカードです。

直接、楽天プレミアムカードを申し込んでみてもよいですが、まずは年会費永年無料の楽天カードから申請してみてはいかがでしょうか。

そのあと、私が行ったように良い条件のプロモーションが出たときにアップグレードをして楽天プレミアムカードに切り替えるのが一番良い方法だと思います。

\年会費永年無料!ポイント還元No.1!/
年会費永年無料の楽天カード

最後まで読んでいただきありがとうございました!

役に立った~、と思ったら是非下のボタンをぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村