英語

「1000時間ヒアリングマラソン」はリスニング力強化の決定版!1年半使った私が評判、口コミ、効果、勉強法を徹底解説!

海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、マルチリンガルのトニー(@enjoyhklife)です。

英語を勉強しているときとか、実際に外国人と話をしているときに直面する一番の問題って何でしょうか?

女性
女性
やっぱり、相手が話していることがわからない時ですね。
男性
男性
いや、自分が言いたいことが言えないときかな。

どちらも、その通りだと思います。

でも、私も痛感してきたことですが、相手が話していることがわからない時が一番つらいと思うんですよね。

相手が何言っているかわからないわけですから、こちらも反応のしようがありませんよね。

外国語でのコミュニケーションで一番大事なのは、やはりリスニング力です。

でも、日本にいたら外国人と話す機会なんてなかなかないし、そもそも英語を聞く時間もほとんどない。

これは私自身も痛感していました。

だけど、外国語ができるようになりたいし、留学もしたい!

そう思った私が始めたのが「1000時間ヒアリングマラソン」だったんですね。

そして実際に「1000時間ヒアリングマラソン」を1年間受講した結果、大学在学中に、交換留学試験に合格し、大学卒業後はアメリカの大学院にも留学、現在は海外で仕事ができるまでになったんです。

英語はあくまでもコミュニケーションの手段ですが、英語ができないことでつかめないチャンスもたくさんあります。

是非、あなたもヒアリングマラソンでホンモノの英語力を身につけて、夢をかなえてください!

\本物の英語を身につける唯一の道!/

アルクの「1000時間ヒアリングマラソン」とは?

アルクが提供している人気No.1講座「1000時間ヒアリングマラソン」(以下、ヒアリングマラソン)。

トニー
トニー
あの楽天の三木谷社長やジャーナリストの池上さんもヒアリングマラソン経験者ですね!

ヒアリングマラソンのコンセプトはいたってシンプル。

1日3時間、1年で1000時間。とにかく「生の英語」を聞き貯めて「使える英語」を身につける

世間では、英語をただ聞き流していれば、英語が突然わかるようになるブレークスルーが起きる、なんていう人もいますが、実際にそんなことはありません。

英語がわかるようになるためには、英語を集中して聞き貯めて「英語耳」を鍛えることが必要で、「英語耳」を鍛えるためには正しい方法で鍛える必要があります。

トニー
トニー
楽天の三木谷社長もヒアリングマラソン経験者で、「一般的な日本人の社会人が英語を習得にするのには「1000時間」が必要」と提唱しているんですよね

だから、ただアメリカの映画やドラマを見ているだけでも英語はわかるようにはならないんですよね。

アルクのヒアリングマラソンは、開講以来35年という長い経験と実績から、どうやったら日本人が英語を聞き取れるようんになるかというノウハウを元に教材を作成しています。

だから、のべ120万人以上の人に利用されていて、3800社以上の企業が研修用の教材として採用しているのです。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

私が「ヒアリングマラソン」で実体験した英語のブレークスルー。具体的な勉強法を紹介します!

ヒアリングマラソンを受講したら誰でも本当に英語がわかるようになるのでしょうか。

なります!

ただ、少なくとも半年、できれば1年間はどっぷりと英語に浸かる覚悟もしてください。

「覚悟」と言っても、楽しく勉強できますから安心してください。

ヒアリングマラソンで英語ができるようになるための条件は3つ。

  1. 英語を1日3時間聞ける環境を作る
  2. ①を最低6か月間続ける
  3. アウトプットする機会を作る

英語を1日3時間聞ける環境を作る

1日3時間なんて絶対に無理!

と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。

3時間、作れます。

朝起きてからの30分、行き帰りの通勤・通学時間、昼休み、帰宅してから寝るまでの30分など・・・

意外とスキマ時間があることに気づくんですよね。

極論してしまえば、3時間は努力目標でも構いません。

実際に聞ける時間が2時間だったり、時には1時間だったりしてもよいと思います。

もちろん、そのうちの1時間は英語のドラマやCNNを見たとかでもOKです。

とんかく、1日3時間英語を聞けるように時間をやりくりする努力は続けていく、それが一番大切なポイントとなります。

英語を1日3時間聞くことを最低6か月間続ける

継続は力なり。

「英語耳」を鍛えるのに近道はありません。

「正しい方法」で、継続して英語を聞き続けることが何よりも重要となります。

その点、ヒアリングマラソンは日本人が英語耳を鍛えるにはどうしたらよいかを、その豊富ない経験から熟知した教材づくりをしています。

だから、ヒアリングマラソンで「英語耳」を鍛えることが、「正しい方法」となるのです。

でも、正しい方法でやったからと言って、すぐに英語耳が鍛えれらるわけでもありません。

外国語の学習にはそのような裏技はないのです。

通常、ヒアリングマラソンの学習者が、聞いた英語が理解できるようになる「ブレークスルー」を体験できるのにかかる時間は3~6か月と言われています。

これには始める段階での学習者の英語のレベル、ヒアリングマラソンを始めてからの日々の学習量やその質などにもよるので、確定的なものはありません。

でも、半年しっかり継続すれば、大きく上達することは間違いと言えるでしょう。

また、6か月と長期戦になりますので、楽しく学習してモチベーションを維持するための工夫も必要となります。

ヒアリングマラソンの教材は次の2つの教材が毎月送られてきます。

  • 『マンスリーテキスト』
  • 『ENGLISH JOURNAL』

この二つの教材も、世界での最新の話題や、現在使われている英語が学べるので楽しいのですが、さすがに毎日同じ内容を3時間聞き続けるのは、月の後半など飽きてくる場合もありました。

ですので、ヒアリングマラソンの教材を聞くのは1日2時間、あとの1時間はアメリカのドラマを見る、もしくはTOEICの勉強をするなどの同じ英語だけれども変化を持たせていくと、続けやすいと思います。

3時間は、必ずヒアリングマラソンの教材である必要はないのです。

いろいろ自分に合った工夫をして楽しく英語を聞きましょう。

英語のアウトプットをする機会を作る

あとは、できる限り学んだことをアウトプットする機会、英語で話す機会があるとモチベーションの維持と英語の上達の点でとても効果的です。

実際に外国人と英語で話をすると、

伝えたいことが伝えられなかった~!悔しい!

言いたいことが伝わった!超うれしい!

など、通じても通じなくても、「もっとできるように頑張ろう!」というモチベーションの向上につながります。

大学生だったら、同じ大学の留学生と交流する機会を持ってみたり、社会人だったら、オン来寧会話をしてみて、実際に英語で話す機会を持つことはできます。

海外旅行をして、現地の人と英語でやり取りをすることもとても良い機会と言えます。

まずは6か月、しっかり継続して楽しく勉強をしていけるよう、考えてみてください。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

「1000時間ヒアリングマラソン」を学習するのに適した英語レベル

ヒアリングマラソンを始めるうえで心配になるのは、「今の自分の英語レベルで大丈夫だろうか」ということではないでしょうか。

ヒアリングマラソンを始めるうえで目安となる英語レベルは以下の通り。

ヒアリングマラソンのレベル:英検2級、TOEIC700点

私も、英検2級持っている状態で始めたのですが、最初は「ちょっと難しいかな」と感じました。

いきなり、英語ネイティブの、遠慮のないスピードでの英語を聞くわけですから、無理もいありませんでした。

しかし、毎日同じ内容の英語を教材に書かれているようにトレーニングしながら聞いていくと、半月を過ぎたころには大体わかってくるんですよね。

ただ、英検2級にもぜんぜん届かないレベルの方がヒアリングマラソンを始めるのは、無理があります。

ですので、余裕をもって始めるのであれば、TOEICちょっと高めですが700点くらいが目安になるかなと思います。

英語初心者の方は、6か月コースの「ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!<キクゾー!>」や同じく6か月コースの「ヒアリングマラソン中級コース」から始めてみるのが良いと思います。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

「ヒアリングマラソン」教材と学習法:PDFや電子書籍、スマホアプリでいつでも学習可!

ヒアリングマラソンを受講すると、教材が2冊届きます。

  • マンスリーテキスト
  • ENGLISH JOURNAL

これらの教材は、PDFや電子書籍としても提供されているので、外出中にヒアリングマラソンの学習をしたいときもテキストを持ち歩かなくても大丈夫。

音声も、専用の学習アプリ「ALCO」や学習専用サイト「テストコ」からダウンロードできるようになっているので、スマホだけ持ち歩いていればいつでも学習できます。

リスニング力を高めるために効果的な「ディクテーション」の課題や、TOEICのリスニング形式のテストが毎月あるので、TOEICを学習している方にも効果的な学習ができます。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

【英語学習】ヒアリングマラソンを使った英語勉強法。40代で始めた人が33%!40代こそ英語を勉強した方がよい理由を書いてみました。40代で英語を勉強している人、多いです。今からでも遅くはないので始めてみましょう!...

ヒアリングマラソンの口コミ・評価

ここで、ヒアリングマラソンを実際に学習した方の体験や口コミを見てみたいと思います。

30代女性
30代女性
研究職のため学会で英語の発表を聞くことがあるのですが、聞き取るのに必死で、内容を理解したり、質問したりする余裕はありませんでした。リスニング力を鍛える必要性を感じて、「ヒアリングマラソン(以下、HM)」を受講しました。(中略)

受講して4カ月ほどたったころから、学会で「以前より聞き取れるかも」と感じるようになり、半年ほどでそれが確信に変わりました。英語の発表内容が、しっかりと頭に入ってくるんです。今後も引き続き英語力を高め、学会では英語で堂々と発表できるようになるのが目標です。

英語耳のブレークスルーを体験するためには早くても3カ月、平均6か月必要といわれています。

まずは6カ月間目指して、あきらめず聞き続けることが大事です。

30代女性
30代女性
アルクを通じて、小学校英語教師の資格を取ったので、自分の英語力キープと向上の為に挑戦してみることにしました。

とにかく、自分の英語力を日本に住んでいながら、キープそして向上させるのに最高の教材でした。それに日本人のどなたとも同じように、時間がとにかくない!!その中でiPodで通勤、買い物中に聞きまくれるという、内容も面白いし、常に自分がニュースを読む暇もないけど最新の大活躍している人たちを紹介してくれ、面白くてとっても良かったです。自分の弱点(ニュース聞き取り)もよく分かったし、英語力を持っている人に向いていると思います。

今は学生も社会人も本当に忙しい人が多いです。

でも、ヒアリングマラソンならスマホ片手にいつでもどこでも聞けて、しかも内容が面白い。

これなら飽きずに続けられます。

20代男性
20代男性
大学受験以降、英語学習から遠ざかっていた自分にとって、大学内の留学生や授業中の講師の英語をなんとなくしかわからないことや、TOEICのリスニングの点数の低さに歯がゆさを覚えていました。毎日英語を聞く癖をつけたいと思った時、もともと信頼のあったアルクさんの講座を見つけ受講を決めました。(中略)

長めの文に対する理解は良くなったと思います。TOEICでいえばPART3、4は非常にやりやすくなりました。結果的に点数は860と受講開始時よりも150点以上アップしました。また、受講テキストをきっかけにBBCなどのニュース英語がとても好きになりました。難易度は高いと感じつつ、ある程度以上のスピードと語彙レベル、頻出の文構造を持つ中でのリスニングを心がけるようになりました。

ヒアリングマラソンはTOEICにも効果があることが証明されましたね。

特に私自身の体験からも、600~700点くらいの人が800点や900点を目指すのに効果があるといえます。

(※上記はアルクサイトの受講体験談から)

ツイッターでは以下のような口コミがありました。

ヒアリングマラソンに寄せられた高い評価

ヒアリングマラソンは、学習者の口コミだけではなく、メディアでも高く評価されています。

TOEIC800点以上を狙っている方、リスニングだけではなくスピーキングの力をつけたい方にも高く評価されていることがわかりますね。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

アルク「1000時間ヒアリングマラソン」の価格:驚きのコスパ!

メリット満載のヒアリングマラソンですが、唯一のデメリット(?)は値段でしょうか。

受講料 1か月あたり換算 1日あたり換算
ヒアリングマラソン12か月コース
54,780円(税込) 4,565円(税込) 152円(税込)
ヒアリングマラソン6か月コース
30,800円(税込) 5,133円(税込) 171円(税込)
ヒアリングマラソン体験キット
550円+送料

54,780円は決して安くありませんね。

でも、社会人の方からしたら1か月4,565円ですから、1回飲み会に行くのを我慢すれば、貯めれるレベルです。

しかも、ヒアリングマラソンは自分への先行投資です。

更に外国語は、若いうちにやっておいた方が後々楽であることは当然のこと。

すごしでも早く始めればそれだけ、その後に開けるキャリアやビジネスチャンスをつかめる可能性が高まります。

トニー
トニー
私は学生の時に稼いだバイト代でヒアリングマラソンやりましたよ

それでも値段が気になる方はまずはブレークスルーを目指せる6か月の期間である「ヒアリングマラソン6か月コース」をトライしてみるのもよいでしょう。

\本物の英語を身につける唯一の道!/

あなたにも体験してもらいたい「1000時間ヒアリングマラソン」のすごさ

アルクの1000時間ヒアリングマラソンは私自身が体験した、「英語耳」を鍛えることができるホンモノの英語力を身につけることができる、絶対おすすめの英語講座です。

是非、ヒアリングマラソンを通して、「英語が聞き取れる!」っていうブレークスルーを体験してもらいたいと思います。

私自身、ヒアリングマラソンを1年間以上続けて、大学での交換留学からアメリカ大学院留学、そして海外での就職も勝ち取ることができました。

その経験からも、本当にヒアリングマラソンをやっておいてよかったと思っています。

楽天の三木谷社長も、英語の習得について著書の中で次のように言っています。

一般的な日本人の社会人が英語を習得にするのには「1000時間」が必要

スマホ片手にいつでも学習できます。

とにかく内容が「今」ホットな話題を英語で取り上げているので、面白いです。

毎月のテストがTOEICのリスニングセクションの準備にもなります。

今まで英語を勉強してみたけど、いまいち続かなかった、うまくいかなかったという方に是非試していただきたい講座がこのヒアリングマラソンです。

是非、今こそホンモノの英語力をつけてあなたの夢をかなえてください!

\本物の英語を身につける唯一の道!/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

役に立った~、と思ったら是非、下の香港の夜景ボタンをぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村


香港(海外生活・情報)ランキング