英語

英語のスピーキング上達の秘訣は「ホール」と「ギャップ」を制すること!

海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、マルチリンガルのトニー(@enjoyhklife)です。

実際に英語を話す機会があった時やオンライン英会話で、こんな経験をしたことがあると思います。

女性
女性
あの時ああ言っていればよかったのに。
男性
男性
あの時、ああ言ったけど間違いだったな。

実際に英語で話していると、じっくり考えたり、英語の辞書を引く時間はありません。

ですから、頭で英語を思い浮かべながら話すんですよね。

熊猫
熊猫
でも、どうしても言いたい言葉が思い浮かばない。
熊猫
熊猫
実際、合っていると思って使ってみたけど、あとから考えてみたら間違ってた。

そんなことって誰しもありますよね。

私も大学時代、必死にスピーキングを練習しているときはよくありました。

英語で話しているときには思い浮かば赤った言葉を後で調べて、練習したり。

合っていると思っていた言葉や表現が間違っていたのに気づいて、修正したり。

そんなことを本当に何度も何度も繰り返して、TOEIC925点、海外の外資系企業で働くようになったわけです。

ここでは、英語のスピーキングを上達させるポイントをお話したいと思います。

この記事でわかること

・英語のスピーキングを伸ばす秘訣は「ホール」や「ギャップ」を埋めること
・思いつかなかった表現(ホール)、言い間違ってしまった表現(ギャップ)を埋めればスピーキングは劇的に上達
・「ホール」や「ギャップ」に出会える最高のツールはオンライン英会話
・オンライン英会話でなければ、普段から英語で考える癖をつける

\レッスン回数無制限!まずは無料体験!/
オンライン英会話ネイティブキャンプ

今回の英語スピーキング上達の秘訣は、上智大学講師の冨田先生の話からアイデアを得ています。

冨田先生は、私も何度も繰り返し受講しているアルクの「1000時間ヒアリングマラソン」の「スピーキング魂」のセクションを担当している先生。

「1000時間ヒアリングマラソン」は、ただリスニング力を鍛える教材ではありません。

現在話されているリアルな英語を学びながら、英語力を総合的に付けていくポイントが詳しく解説されているので、超おススメです。

【効果実感】「1000時間ヒアリングマラソン」で英語がわかる、話せる!評判、口コミ、効果、勉強法を徹底解説!英語のリスニング力、英語耳を鍛えるのに最適な開講35年の教材がヒアリングマラソン。私自身も学生の頃に受講して現在の海外生活の基礎となっているおススメの教材です。...

英語スピーキング上達の秘訣は「ホール」や「ギャップ」を制すること!

英語のスピーキング上達の秘訣は、英語を話しているときに出会う「ホール」や「ギャップ」を根気よく埋めていくことです。

英語のスピーキングで出会う「ホール」や「ギャップ」とは?

英語を話していると、こういう時ってあると思います。

女性
女性
「映画を見て感動した」って言いたいけど、感動したってなんていうんだっけ?
男性
男性
○○した方がいいよって伝えたくて、You had better do it. って言ったけど、shouldの方が良かったかな。

英語を話しているときに、適切な単語や表現が見つからないことを「ホール」と言います。

また、自分が言ったことと正しい表現との違いを「ギャップ」と言います。

実は、これら「ホール」や「ギャップ」にどれだけ出会って、「ホール」や「ギャップ」を埋める努力をしたかで、英語のスピーキング力の上達に大きな差が出るんですね。

女性
女性
あの時、言えなかった「感動した」って impressedって言っていればよかったのか。
男性
男性
さっきは、had betterって言ったけど、had betterってネイティブからしたら命令のニュアンスがあるのか。

自分が話したいことを言えなかった悔しさや、言ったことが間違っていたという思いがあるために、それが強い印象となって、正しい表現を強く記憶にとどめることができるのです。

これ、嘘だと思う方もいるかもしれませんが本当です。

私もその繰り返しで英語のスピーキングを上達させてきたといっても過言ではありません。

英語のスピーキングのチャンスを大事にして、そこで出会った「ホール」や「ギャップ」を書き留めたり記憶しておいて、あとで調べて修正する。

一見、地味に見えるその繰り返しが、英語のスピーキング力上達の秘訣なのです。

\レッスン回数無制限!まずは無料体験!/
オンライン英会話ネイティブキャンプ

オンライン英会話のトピックトークやフリートークでスピーキングのホールやギャップを見つける

英語のスピーキングで出会う「ホール」や「ギャップ」を大事にするといっても、英語のスピーキングのチャンスすら持てない人も多いと思います。

そこで私がおススメするのが、日本にいながらにして語学留学している気分で安価で英語が学習できるオンライン英会話です。

実際、私も、私の子供たちも、現在オンライン英会話で英語を学習しています。

オンライン英会話であれば、日本にいながら、スマホやパソコンがあれば、いつでもどこでもネイティブや英語を教える経験豊かな講師と英語で話すことができるわけです。

英語のスピーキング上達のためのオンライン英会話の活用法

オンライン英会話といっても、スピーキングを上達させるためにはちょっとコツがあります。

というのも、下手をするとオンライン英会話でレッスンを受けても、書いてある教材をただ読むだけで終わってしまうということもありうるからです。

オンライン英会話では教材やレッスン内容、講師でも自分で選ぶことができる自由度があります。

ですから、レッスン中は受け身になって、講師の言うように淡々と質問に答えるという受け身ではなく、自分からいろいろ表現するという能動的な姿勢が大切です。

ただ、それを教材に沿ったレッスン中に言うのも簡単ではないと思いますので、おススメするのが、トピックトークフリートークです。

私と子供たちが利用しているネイティブキャプでは、あるトピックや事柄について話すトピックトークをすることができます。

また、さらには教材やトピックなしの完全フリートークをすることもできるのです。

このように、即座に自分の頭で英語を組み立てて発言するトレーニングをすることで、たくさんの「ホール」や「ギャップ」に出会うことができます。

ネイティブキャンプは、世界100各国以上の国からの講師とレッスン回数無制限で英会話を学ぶことができるオンライン英会話です。

コスパとしても最強ですので、是非まずは無料体験レッスンで試してみてください!

\レッスン回数無制限!まずは無料体験!/
オンライン英会話ネイティブキャンプ

レッスン回数無制限「ネイティブキャンプ」 評判や口コミ・効果、料金プランを海外在住・外資系で働く私が解説!新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛が続く現在、自宅での時間をいかに楽しく有意義に過ごせるかということが注目されています。 そ...

オンライン英会話以外で、英語のスピーキングを上達させるには?

それでは、オンライン英会話以外で、英語のスピーキングを上達させることはできるのでしょうか。

ある程度はできるといえます。

というか、私がスピーキングのトレーニングをしていた時はオンライン英会話はありませんでした。

その方法とは何でしょうか。

オンライン英会話以外で英語のスピーキングをトレーニングするのは普段から英語で考える習慣をつけること

これは実際に私がやっていたトレーニングでもあるのですが、日頃から「これって英語ではなんていうのだろう」と、頭の中で英語での表現を組み立てることです。

一人でいるときに何げなく思ったこと、考えたことを、英語でも表現できるか試してみるのです。

日記を書くみたいに、今日一日あったことを英語で表現してみてもいいでしょう。

そうやって、自ら英語のスピーキングをするチャンスを作り出すわけです。

これならお金はかかりません。(笑)

そして、わからなかった単語や表現は自分で調べて学習する。

これだけでも、かなりスピーキング力は上達します。

ただ、この方法の欠点がひとつ。

それは、自分が考えた英語を聞いてくれるネイティブや講師がいないため、それが正しいかどうかをチェックできないこと。

これを補うためには、やはり普段から少しでも多くの英語に触れておくことでしょう。

普段からたくさんの英語に触れることで、英語の自然な表現方法やニュアンスを学び、身につけることができます。

そのためにも私は「1000時間ヒアリングマラソン」で生の英語に大量に触れようにしていました。

これが結果的にはとても良かったです。

「1000時間ヒアリングマラソン」と普段から英語で考えるようトレーニングをすることでバランスよく英語力を身につけることができました。

これなら、今すぐにでも始めることができます。

これにオンライン英会話もすることができれば、英語のスピーキング力が格段に伸びることは間違いありません。

\レッスン回数無制限!まずは無料体験!/
オンライン英会話ネイティブキャンプ

まとめ

多くの英語学習者が、英語のスピーキング力を伸ばそうと苦労をしていると思います。

私自身も実際に英語のスピーキングをトレーニングした時に使った方法でもあるのですが、英語のスピーキング力を上達させる秘訣があります。

それは、話したい言葉が思い浮かばないという「ホール」と、言ったことと正しい発言が違うという「ギャップ」を埋めることです。

英語で外国人と話した経験がる人は必ずと言っていいほど、この「ホール」や「ギャップ」を経験したことがあると思います。

それをしっかり書き留めて置いたり、記憶にとどめておいて、あとで調べる。

実はその地道な繰り返しが、英語のスピーキング力上達の秘訣なのです。

ただ、日本では、外国人と英語で話す機会はなかなかもてませんから、なかなかスピーキングのトレーニングをすることができません。

そこで私がおススメするのが、日本にいながらにして、安価にいつでもどこでも英会話が学習できるオンライン英会話です。

そのオンライン英会話でも、自分で考えて発言することが多い、「トピックトーク」や「フリートーク」を活用すると、自分で英語を考える良いトレーニングになり、「ホール」や「ギャップ」にもすぐに出会えます。

オンライン英会話を利用できない場合は、普段から頭で「これって英語でなんて言うのだろう」って英語で考える癖をつけると、「ホール」や「ギャップ」にも出会えて、それらを修正することで劇的にスピーキング力をつけることができます。

これだったら、今すぐにでも始めることができます。

是非、皆さんも、積極的に英語で考えるチャンスを作って、英語のスピーキング力をグンと伸ばしていきましょう!

\レッスン回数無制限!まずは無料体験!/
オンライン英会話ネイティブキャンプ

英語のスピーキング力上達 最強の勉強法・トレーニング法海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、マルチリンガルのトニー(@enjoyh...
英語力を効果的に伸ばす最強の音読法~これでスピーキング力も大きく上達!海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、マルチリンガルのトニー(@enjoyh...