VPN比較

【VPN徹底比較】ExpressVPN vs NordVPN → 中国利用:ExpressVPN、価格重視:NordVPN

おススメVPNとしてよく紹介されているVPNサービスプロバイダーのExpressVPNNordVPN

当サイトでも、総合ランキングでExpressVPNが1位、NordVPNが2位で上位を占めています。

当サイトで勝敗を分けたのは中国で接続ができるかどうかの一点。

その他の点では大きな違いありませんでした。

実際この2つのVPNは何が違うかといっても、違いがはっきりと説明されていないサイトも少なくありません。

トニー
トニー
じゃあ、結局どちらが良いの?

という疑問に答えるために、ここではExpressVPNとNordVPNを徹底比較してみたいと思います。

ExpressVPN公式NordVPN公式

ExpressVPNとNordVPN、結局どちらが良い?

ExpressVPNとNordVPNのどちらが良いか。

結論から申し上げます。

利用場所:中国で使うならExpressVPN、それ以外の場所で使うならどちらでもOK

価格:長期間VPNサービスを使う予定があって値段を重視するならNordVPN

大雑把に言って、VPNの利用目的がサイト閲覧や動画閲覧くらいであれば、ExpressVPNとNordVPNでは大きな違いはありません。

それぞれ、スピードや接続、安全性で微妙な違いはありますが、どちらを使っても十分な満足度を得られるはずです。

では、どちらを使ったら良いのか、という疑問に答えるポイントは以下の2点です。

VPN利用を検討されている方の中には中国在住の方や、中国によく行く方も多いでしょうから、その場合はExpressVPNを選んでください。

NordVPNは最近、中国ではつながりにくいという状況が続いていますので、中国での利用を考えている場合はExpressVPNの利用をおススメします。

中国で使う必要がなく、ある程度長期間での利用を考えている方は、価格の面からも長期になればなるほど割安となるNordVPNを選んだほうが良いでしょう。

そこで、よりよくExpressVPNとNordVPNを知ってもらうために、以下に8つのポイントから両者を比較してみました。

ExpressVPN公式NordVPN公式

徹底比較:ExpressVPN vs NordVPN

VPNサービスプロバイダーとしてよく比較されるExpressVPNNordVPN

ここでは、以下の8つの点から両者を徹底比較してみました。

  1. 価格
  2. サーバーロケーション
  3. 30日間返金保証
  4. スピード
  5. 対応デバイス・サプリ・拡張機能
  6. セキュリティー
  7. サポート
  8. 運営会社

総合評価:中国で使うならExpressVPN、価格重視ならNordVPN

まずは、各項目ごとにその優劣を見てみたいと思います。

ExpressVPNにしても、NordVPNにしてもさほど大きな違いがないことがわかっていただけると思います。

両者に差があるとすれば、接続場所と価格、そして言語面でのサポートの3点でしょう。

この点からも、利用場所が中国を含むのであればExpressVPN、価格重視であればNordVPNがおススメといえます。

価格
サーバー、中国利用 ◎(日本、韓国あり、中国利用可) 〇(日本、韓国あり、中国利用厳しい)
返金保証
スピード
対応デバイス
セキュリティー
サポート
運営会社

それでは、以下に各項目ごとに分けてExpressVPNとNordVPNを比較してみたいと思います。

ExpressVPN公式NordVPN公式

価格:NordVPNの方がお得!

価格では長期になればなるほどNordVPNの方が圧倒的に割安になっています。

更に、今ならExpressVPNは12カ月契約の場合+3カ月が無料でついてきて、NordVPNなら2年間契約であれば+3カ月が無料でついてきます。

トニー
トニー
この3か月無料のサービスはいつまで続くかわかりませんから、VPNの利用を考えている方らは今のうちに申し込んでおいた方が良いですね。
1カ月 12.95米ドル 11.95米ドル
6か月 9.99米ドル/月(59.95米ドル)
1年 6.67米ドル/月(99.95米ドル)※ 4.92米ドル/月(59.00米ドル)
2年 3.71米ドル/月(89.00米ドル)※

サーバーロケーション:どちらも豊富なロケーション

VPNを利用する上で重要なのが、自分が設定したい国のサーバーが選択できるかということ。

韓ドラが見たいのに韓国のサーバーが選べなかったり、日本のサイトが見たいのに日本のサーバーが選べなかったら意味がないですよね。

その点ではExpressVPNとNordVPNのどちらも韓国や日本を含む幅広い国と場所にサーバーがあるので安心です。

ただ、中国での利用を考えている場合は、ExpressVPNの方がおススメです。NordVPNは最近、中国ではつながりにくくなっています。

国数 94か国 59か国
ロケーション 160
サーバー 3000台以上 5531台
日本サーバー あり あり
韓国サーバー あり あり
中国での利用

(上記情報は2021年1月現在)

30日間返金保証:どちらも返金保証あり

ExpressVPNとNordVPNのどちらにおいてもすべてのプランで30日間の返金保証があるので安心です。

トニー
トニー
これなら、気軽にまず両方のサービスを試してみて、どちらが自分にとって使い勝手が良いか比べてみることもできますね

30日間以内に返金保証を申し込みたい場合は、それぞれのサイトでライブチャットかEメールを送り、返金を申し込みます。

返金保証 あり(30日以内) あり(30日以内)

スピード:両者ともに大きな差はなし

スピード面でも両者に大きな差はありませんでした。

ExpressVPNとNordVPNの両方において、サイト閲覧や動画閲覧、オンラインゲームをする上で十分なスピードを得ることができました。

スピードを見るときに注目するポイントは以下の3つです。

  1. ダウンロード速度:Eメールの受信やサイトや動画の閲覧、オンラインゲームの利用などを示しています
  2. アップロード速度:Eメールの送信やSNSのアップロード、動画のアップロードなどを示しています
  3. 遅延時間:レスポンスの速度を示しています

それぞれにおいてスピードを確認してみた結果、ExpressVPN、NordVPNそれぞれにおいて、通常のサイト閲覧や動画視聴、オンラインゲーム利用であれば十分な速度をえられていることがわかりました。

この速度であれば、どちらを使っても満足度は大きく変わらないといえるでしょう。

ダウンロード速度 20~50Mbps 15~45Mbps
アップロード速度 15~40Mbps 15~35Mbps
遅延時間 30~60ms 30~50ms

利用台数・対応デバイス・アプリ・拡張機能:どちらもだいたい同じ

同時利用できる台数やデバイス、アプリ、拡張機能の面では、ExpressVPNもNordVPNも大体同じです。

トニー
トニー
1つの契約を複数デバイスで共有して使えるのはお得ですよね

お使いのパソコンにアプリをインストールするもよし、Chromeなどのブラウザーの拡張機能として追加するもよし、スマホのアプリとして利用するもよし。

様々なデバイスで利用することができるのがExpressVPNとNordVPNの特徴です。

同時利用 5台 6台
拡張機能 Chrome、Firefox Chrome、Firefox
アプリ iOS、Android iOS、Android
OS Windows、Mac、Linux Windows、Mac、Linux
ルーター
スマートテレビ Apple TV Android TV
ゲーム端末

セキュリティー:どちらかといえばNordVPNの方が強い

本来VPNを利用する上で重要なのが、セキュリティーです。

フリーWi-Fiや無料VPNなどでは自分のサイト閲覧情報がどこで抜き取られているかわかりません。

トニー
トニー
そんな状況で気軽にログイン情報を入力したり、クレジットカード決済をするのは安全とは言えませんよね

ExpressVPNとNordVPNのどちらもセキュリティーは強化されていますので、安心して使うことができます。

普通に利用する上では、どちらも大きな違いはないといえます。

ただ、あえて言えば、NordVPNの方がExpressVPNにはないセキュリティー機能があったりするので、セキュリティー面ではNordVPNの方が強いといえるでしょう。

VPNプロトコル OpenVPN、IKEv2、L2TP/IPsec OpenVPN、IKEv2、NordLynx
暗号化 AES (Advanced Encryption Standard)、256ビット鍵(AES-256) AES (Advanced Encryption Standard)、256ビット鍵(AES-256)
ログ 記録せず 記録せず
DNS漏洩 保護されている 保護されている
停止スイッチ あり(Windows、macOS、Android、iOS) あり(Windows、macOS、Android、iOS)

サポート:ExpressVPNならGoogle翻訳あり、NordVPNは英語

どちらのサイトも、ライブチャットとEメールでサポート体制を取っています。

ExpressVPNならライブチャットで日本語でメッセージを送ってもGoogle翻訳で日英両方で表示されるので英語ができない方も安心して使えます。

それに対し、NordVPNはチャットボットによる自動対応となっているため、日本語では対応してもらえないのが難点です。

NordVPNはサイトを見ても、主要なページは日本語で表示されているのですが、ちょっと詳細を見ようとするとすぐ英語のみになってしまいます。

ExpressVPNもその傾向はありますが、ExpressVPNの方がNordVPNよりも日本語での説明や対応で一歩先をいっている印象を受けます。

サポート ライブチャット、Eメール ライブチャット、Eメール
チャット言語 日本語(Google翻訳あり) 英語
サイト言語 日本語と英語 日本語と英語

運営会社:どちらも提供されている情報は最小限

どちらのサービスも、それぞれの会社がどういう会社なのか、という情報がはっきり表示されていません。

ExpressVPNではWikipediaでは説明がありますが、NordVPNについてはWikipediaでも開発元の記述しかありません。

それぞれの規約を見ると、ExpressVPNでは、Express VPN International Ltd.が契約主体だという記述があります。(ExpressVPNの規約

NordVPNについては、2020年11月に契約主体が開発元のTefincom S.Aからnordvpn s.aに変更されたという記述があります。(NordVPNの規約

ただ、どちらもほぼ10年前後、サービスを提供し続けているので、その点では安心して利用できるでしょう。

トニー
トニー
私もここ数年は、ExpressVPNとNordVPNの両方利用し続けていますよ
運営会社 Express VPN International Ltd. nordvpn s.a.
設立 2009年 2012年
拠点 英領バージン諸島 パナマ
ユーザー数 1500万人

 

ExpressVPN公式NordVPN公式

ExpressVPNかNordVPNか:利用目的に合わせて選択

これまで8つのポイントに分けて、細かくExpressVPNとNordVPNを比較してみてみました。

結論としてはどちらが良い、どちらがダメということではなく、利用場所や利用目的、価格などで決めるのが良いでしょう。

中国での利用を考えているのであればExpressVPNですし、中長期での利用を考えていて価格を重視するのであれば、NordVPNを選ぶのが賢明です。

それ以外の点では、正直言って大きな違いはありませんから、ExpressVPNかNordVPNかで迷ったら、以下の点を踏まえて決められたら間違いありません。

中国での利用あり:ExpressVPN

長期利用で値段重視:NordVPN

ExpressVPN公式NordVPN公式

トニー
トニー
是非、VPNを使って快適なネットライフをお楽しみください!
ExpressVPNは中国でも使える安全・安心のVPN!利用体験、評判・口コミをわかりやすく解説!香港在住15年以上、国際結婚で英語、中国語(普通話・広東語)を中途半端に操り(笑)、香港が第二の故郷になっているトニー(@enjoyhk...
安心度No.1VPNのNordVPNで情報を高度に暗号化!セキュリティー重視のVPNはこれ!香港在住15年以上、国際結婚で英語、中国語(普通話・広東語)を中途半端に操り(笑)、香港が第二の故郷になっているトニー(@enjoyhk...