英語

【TOEIC925点達成】効果的なTOEIC学習方法で、TOEICの点数アップと実践的な英語力を同時に身につける方法

海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、自称マルチリンガルのトニー(@enjoyhklife)です。

就職に向けてTOEICの点数を上げたい!

海外駐在を目指したいのでTOEIC800点以上を目指すぞ!

今や、TOEICは日本における英語能力判定の試験としての確固たる地位を築いています。

TOEICで高得点を取っているかどうかは就職や昇進にも左右してしまう、と言っても過言ではありません。

そのTOEICを楽しく学びながら得点アップを狙い、実践的な英語力も身に着ける方法をお話ししたいと思います。

TOEICはあくまでもテストなので高得点を狙うにはテクニックが必要

TOEICはあなたの英語力を判定する試験ではありますが、必ずしも

TOEIC高得点 = 英語ができる

というわけでありません。

テストである以上、出題の傾向や解答のテクニックを学ぶことで、実践的な英語力がまだそれほどなくても、高得点を狙うことは十分可能です。

実践的な英語力を身に着けることは、それこと一朝一夕にはできず、時間を割いて集中して学習したとしても、半年から1年はかかります。

TOEICもそれだけ時間をかければ、十分高得点を狙えるのですが、3か月から半年以内に200点アップを狙いたい、とか800点以上を狙う、という場合は、やはりテクニックとしてのTOEIC対策を取る必要があります。

実践的なリスニング力を身につけつつTOEICで高得点を取る

もし、これを読んでいるあなたが、実践的な、外国人とコミュニケーションをとれるための英語力を身につけたいのであれば、私は自らの経験からもアルクが提供している「1000時間ヒアリングマラソン」をお勧めします。

私自身がヒアリングマラソンを1年間学習して、留学や海外での就職を勝ち取ることができたからです。

TOEICを学習している方の中には、将来的に世界を舞台に仕事をしたい、と考えている人もとても多いと思います。

そんな時に、実践的な英語力を身につけながら、TOEICの点数もアップ出来たらすごくないですか?

それを可能にするのが、「1000時間ヒアリングマラソン」なのです。

TOEICのテスト問題には、リスニングセクションがあり、これが全体の半分を占めています。

ですから、リスニング力は、TOEICで高得点が取れるか取れないか、という点においてとても重要なんですね。

リスニングセクションで高得点を取るために、TOEICの解答テクニックを学びつつ、実践的な英語力を身につけることで、ただの試験勉強だけに終わらない、想像効果(シナジー)を起こすことができるのです。

\申し込みはこちらから/

【効果実感】「1000時間ヒアリングマラソン」で英語がわかる、話せる!評判、口コミ、効果、勉強法を徹底解説!英語のリスニング力、英語耳を鍛えるのに最適な開講35年の教材がヒアリングマラソン。私自身も学生の頃に受講して現在の海外生活の基礎となっているおススメの教材です。...

TOEICのスコアアップと実践的な英語力を同時に身に着けることができる方法

そこで私が自分でも実践していておススメするのは、「スタディサプリTOEIC対策コース」でTOEICで得点アップ、高得点を狙うテクニックを学びつつ、「1000時間ヒアリングマラソン」で「英語耳」を鍛えつつ、実践的な英語力を身に着ける方法です。

ただ、単純にTOEICの点数を上げたいのなら、私自身も利用経験からもスタディサプリTOEIC対策コースで十分です。

ただ、単なる試験勉強だけに終わらせず、実践的な英語力も身につけたいのならば、スタディサプリTOEIC対策コースだけでは十分ではありません。

実践的なリスニング力を身に着けるためには「1000時間ヒアリングマラソン」が最適なのです。

これら2つを組み合わせることで、TOEICの点数を上げるテクニックを学びながら、ホンモノの英語耳を鍛えることができます。

スタディサプリTOEIC対策コースの神講義がポイントを押さえていてわかりやすい

高校受験や大学受験で、良い学校に合格するためには、やみくもに勉強していても合格できません。

良い予備校に入り、定評のある良い講師について勉強することで、勉強の効率を上げ、希望校への合格率を上げることができますよね。

TOEICも同じです。

TOEICの自己流でやみくもに学習していっても、なかなか点数を上げることはできません。

定評のある良い講師から得点アップ、高得点を狙うためのテクニックを学びながら学習する必要があるのです。

それが、スタディサプリTOEIC対策コースの講師、TOEICで満点を取り続けている関正生先生。

スタディサプリTOEIC対策コースでも、その歯切れのよくわかりやすい解説から「神授業」と言われています。

スキマ時間を最大限活用して、スマホのみでTOEIC学習が完結。

TOEIC高得点を狙う人気講座スタディサプリTOEIC対策コース。

1講義が3~5分とコンパクトでまとまっていて、しかもポイントを押さえていてわかりやすい。

実際に多くの受講生が短期間で100点、200点と点数をアップさせています。

このような質の高い、効果が出ている講師と講座で学習することが、効率的にTOEICの点数を上げるうえではとても大切です。

\まずは7日間無料体験!/
スタディサプリ ENGLISH

【TOEIC925点達成】スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース: 忙しい社会人・学生に最適なTOEIC学習アプリ今、TOIEC対策コースで大人気のスタディサプリTOEIC対策コースの評判、評価、口コミを徹底解説。...
スタディサプリTOEIC対策パーソナルコーチプラン
【TOEIC925点達成】スタディサプリ・TOEIC対策 パーソナルコーチプラン モチベーションが続かない!忙しい社会人に適したTOEIC学習プラン!海外在住15年以上、英語はTOEIC925点、中国語は旧HSK6級で広東語も日常会話程度に話せる、自称マルチリンガルのトニー(@enjo...

英語学習のモチベーションを高め、実践的な英語力をつけるためのヒアリングマラソン

TOEICはあくまでもテスト。

スタディサプリTOEIC対策コースも、TOEIC攻略のポイントを凝縮させた講座で、TOEICに即した問題をひたすら解いていって、関先生の「神授業」を聞いて理解する、という内容になっています。

TOEICの点数を上げるだけであれば、スタディサプリTOEIC対策コースだけでもよいのですが、ゆくゆくは海外を舞台に仕事をしたい、海外駐在をしたい、という場合は、TOEICの点数だけではなく、実践的な英語力を身に着ける必要があります。

また、TOEICの学習だけでは、さすがにテスト勉強疲れしてしまわないとも言えません。

そのような状況を防ぎ、楽しく、モチベーションを高めながら、実践的な英語力を身に着けるトレーニングができるのが、「ヒアリングマラソン」なんですね。

最新の世界のホットなトピックを英語で学び、楽しく英語を聞きながら「英語耳」を鍛えていく、それがTOEICのリスニング対策になることは間違いありません。

実践的な英語を楽しく学ぶことでモチベーションを高めることもできます。

英語学習に変化を持たせることで、モチベーションを維持、高めながら、さらに英語力を向上させるというシナジー(相乗効果)を出すことができるのですね。

\申し込みはこちらから/

スタディサプリとヒアリングマラソンを組み合わせた具体的な学習法

では、具体手ににどのように学習を進めていくのかというと、一例として以下の学習方法が考えられます。

これは、ヒアリングマラソンの唱えているコンセプトに従って建てた学習法となります。

1日3時間、1年で1000時間。とにかく「生の英語」を聞き貯めて「使える英語」を身につける

これに基づいて、以下のように学習計画を立てます。

1日の学習時間

  • スタディサプリTOEIC対策の学習 1時間
  • ヒアリングマラソンの意学習 2時間

平日は上記のように学習を進めていきます。

3時間はあくまでも努力目標ということで、スタディサプリが1時間、ヒアリングマラソンが1時間となってしまっても構いません。

そして、週末にはスタディサプリを2時間にして実際の試験問題の演習を説いて、その週で解けなかった問題などの復習をして理解を深める。

このような学習法を3~6か月も続けていけば、かなりの英語力を身に着けることができているでしょう。

スタディサプリTOEIC対策コース、ヒアリングマラソンもともに6か月コースがあるので、まずはそれぞれ6か月コースを申し込んで取り組んでみるのもよいと思います。

まとめ

TOEICの点数を効果的に上げながら、実践的な英語力を身に着ける方法、ということでお話いたしました。

ヒアリングマラソン、スタディサプリTOEIC対策コースそれぞれを使ってみた、自分自身の経験を踏まえて、海外で仕事をしている今、TOEIC対策の最適な学習法ということで、考えてみました。

私が学生の頃は、スタディサプリTOEIC対策コースはありませんでしたが、ヒアリングマラソンとTOEICの学習を並行してやっていったことで、TOEICの点数だけではなく、留学や仕事でもつかえる英語を身に着けることができました。

是非、皆さんも、上記の学習法を参考にしていただき、ご自分で改良してみても構いません、効果的なTOEIC学習を進めていただければ幸いです。